英語学習でくじけそうになったら

「語学の勉強は筋トレに似ている」とよく人に話します。結果がすぐに見えず、継続がしんどい!
ですが、徐々に確実に身になっていきます!もうすでに一山越えた方はおめでとうございます!
「英語 くじける」で、この記事にたどり着いた方は、ようこそ(笑)


つらいかもと思うのは最初だけです。運動と同じ。覚えていくと心地良くなっていきます。


今日は、小山を飛び越えられるように、いくつか提案していきたいと思います。

世界観に触れる

語学へのモチベーションが薄れてきたら、勉強を始めるきっかけになったものに触れ、気持ちを高めてみるのはいかがでしょう?
行きたい国の動画を観る、航空券の最安値を調べる、好きな音楽、映画、ドラマを楽しむなど「内発的動機付け」を行います。


「内発的動機付け」とは、興味、関心、意欲といった自分の内面から湧き起こる動機付けを指します。一方、評価、報酬といった外側から与えられる動機付けを「外発的動機付け」と呼びます。
一般的に、「内発的動機づけ」に基づいた活動は、有意義で生産性が高く、継続的に行うことができると言われています。趣味も、自分が好きだからずっと続けられますよね。


そのワクワクを、いま一度呼び起こしてみましょう!


今は参考にできる物がたくさんあるので、私たちはとてもラッキーですね!

オンラインで会話する

オンラインでなくても良いのですが、実際に会話する機会を意図的に設けましょう。以前より少しでも話せるようになった自分を認識することが大切です。


オンラインの利用方法として、レッスンを受ける、言語交換アプリを利用する等ありますが、会話の上達にはレッスンの受講をおすすめします。
なぜなら、文字だけのやりとりが多くなることと、真面目に勉強している方が少ないため、チャットや語学パートナーを探すアプリではまず満足が得られないからです。


単語暗記の点では、Duolingoのような勉強アプリは効果的だと思います。あとは今話題のスタディサプリ。

シャドーイングに特化する

参考書を1ページやることすら気が向かないときは、読解の勉強は少しお休みし、シャドーイングでその言語に触れる時間をつくってみるのはどうでしょう。
もし運動不足でしたら、ついでに散歩はいかがでしょうか。


シャドーイングは、リテイン(記憶保持)力と瞬発力がつきます。また、自然なイントネーションや言い回しを覚えることが出来ます。
リテイン力については、米国で就労していた際、痛感させられたことがあります。
説明を聞いている間は理解しているのですが、びっくりするほど覚えられなかったのです!
心配になって調べたところ、これは言語学習ではよくあることのようで、聞いて解釈するのが精一杯であったことと、英語の記憶を保つ力が足りていなかったことが原因だったようです。


今後、海外就職を考えていたり、TOEICの高得点を目指している方はリテイン力が鍵になりますので、シャドーイングをおすすめします。

体調を整える

は?という感じですが、意外と運動不足による悪循環によってやる気が出ていないことも!


私が実際に経験したことですが、

疲れた → 休む、運動しない → 運動不足 →よけい動きたくない、動くのだるい → 運動不足 → やる気出ない、興味湧かない

という負のスパイラルに陥ったことがあります(汗)これは、ホットヨガに通って克服しました!!


やっぱり汗をかくっていいですね!


ヨガは不思議な事に、行く前の方が体がだるく、レッスン後の方が、調子が良いです!


もし、ご自身の日常ですでに心身ともに消耗しているなら、休むことも大事!


また、必要であれば、マッサージを受ける、漢方医に相談する、医療機関を受診する、等プロの力を借りましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?


その昔、モチベーションを維持する為に、コーヒーやパンを食べ、アメリカのドラマを観ながら生活していたことがあります。
救急車のサイレンが聞こえたら、「ここはニューヨークだ!!」と、思うようにしていました。
“アメリカな感じ”に浸るのが、ただただ楽しかったです。


好きなことをやる。楽しむ。


みなさんが楽しく学習を進められますように♪


語学ランキング