Jaden Jefferson|ジェイデン・ジェファーソン 〜11歳のジャーナリスト〜

2020年アメリカ大統領選の民主党候補エリザベス・ウォーレン上院議員への単独取材がインターネットやメディアで話題となり、アメリカで注目を集めているジャーナリストがいます。

オハイオ州トレド(トリード)に住む、ジェイデン・ジェファーソン君、11歳。
10歳の頃からインタビュー動画を撮り始め、YouTubeチャンネル『Jaden Reports Now』やTwitterに動画や記事を投稿しています。

彼の活動がエレン・デジェレネス(司会者)の目に留まり、先日「エレンの部屋」(The Ellen Show)にゲストとして出演しました。

その時の様子はこちら↓

普段11歳とは思えない貫禄で取材を行うジェイデン君も、この時ばかりはエレンに会えて感激のあまり号泣

「ここに来れて本当に光栄です。あなたはテレビ界の金字塔なんです。」と泣きながらエレンに思いを伝えました。

その後、同日に出演していたブラド・ピットからの逆オファーで、急きょインタビューが決定!
二台のカメラで撮影というプロフェッショナルな雰囲気の中、A級セレブを相手に堂々としたインタビューを行いました。
そして、このインタビューの様子を振り返った「エレンの部屋」二回目の出演時に、さらなるサプライズが彼を待っています。


(以下: E=エレン、J=ジェイデン)


E: 素晴らしかったよ!良くやったと思う!

J: ありがとう

E: (インタビューは)思いつきで決まったことだったし、君はブラッドがインタビューして欲しいって知らなかったしね。だから本当に良くやったと思うんだ。次の課題への準備はいい?

J: もちろん!

E: じゃあ明日、君にインタビューして欲しいゲストがいるんだけど。ここに戻って来れるよう、取材許可証を渡しておくよ。
君がインタビューするのは、オプラ・ウィンフリー。

J: Oh my God!!!


オプラ・ウィンフリー
億万長者のメディアエグゼクティブ、慈善家、テレビ番組司会者であり、俳優。
黒人女性で初めて、全国ネットのトーク番組司会者を務める。
彼女が司会を務めた『オプラ・ウィンフリー・ショー』は、アメリカで高視聴率を記録し、いくつかのエミー賞を受賞している。また、アメリカで最も評価されているトーク番組である。
オプラは、これまでの功績が称えられ、大統領自由勲章、セシル・B・デミル賞等を受賞しており、世界で最も影響力のある人物の一人である。

彼女は、時代や人々の考え方が良い方向へ進むよう、ずっと昔から鼓舞し続けている、賢く勇気ある人物です。

このインタビューは、間違いなくジェイデン君のジャーナリズムへの道を後押しする機会でありましたし、私たちを勇気付けてくれる貴重な時間でもありました。


彼の今後の活躍に期待しています!

今日の英単語


gold standard [名] 金字塔


star-struck [形] スターに夢中の、スターに憧れた、スターに魅せられた


inquisitive [形] 好奇心のある、探究的な

 



語学ランキング